さわやかな朝の目覚めに!朝ヨガの魅力って?

こんにちは、ヨガインストラクター&ライターの西森あゆみです。
最近話題の「朝活」、皆さんの中にも取り組んでいる方は多いのではないでしょうか。

集中しやすい朝の時間に早起きをして、仕事や家事の前に勉強や運動をすることはとても効率が良いと言えます。
今回はそんな朝活の中でも、場所・時間・性別・年齢問わずできて人気が高い「朝ヨガ」の効果や実践方法をご紹介します。

朝ヨガの効果・メリット

朝ヨガは文字通り「朝に行なうヨガ」のことです。
寝ている間はほとんど同じ体勢でいるため、体が硬くなり代謝が落ちており、朝は一日の中で最も体が硬くなっています。

身体がガチガチに硬くなっている朝にヨガを行うことで、柔軟性と代謝が上がって目覚めが良くなる上、深呼吸を行うことで気持ちが落ち着き、 憂鬱な気分を改善する効果もあると言われています。

また、深呼吸には脳に酸素を行き渡らせて頭をスッキリさせる効果があるため、朝ヨガを取り入れることで仕事のパフォーマンスを向上させることも可能です。

目が覚めるだけでなく身体も温まるため、特にこの時期「寒くて布団から出られない」「朝から身体が冷えて困る」という方にもおすすめですよ!

朝ヨガの実践方法

それでは実際に朝ヨガの実践方法を見ていきましょう。ヨガは基本的にどんな場所でも行うことができますが、今回は家、スタジオ、公園の3ヵ所での朝ヨガについて触れていきます。

どこでヨガを行う場合でも、一番大切なのは呼吸です。慣れない内は、朝起きてまず深呼吸をするだけでもヨガの実践になりますから、焦らずに少しずつ朝ヨガに慣れていきましょう。

2-1.家

家の中で朝ヨガをする場合、起きてすぐ、布団やベッドの上でヨガを行うことができます。
わざわざヨガマットを敷いたりヨガウェアに着替えたり、面倒な準備をする必要はありません。

インストラクターの指示がなくても自分の意思で続けられるという方にとっては一番継続しやすい方法だと言えます。

動画投稿サイトには10分程度の朝ヨガの動画もありますので、そういった動画を参考にしながらヨガを行うのも良いでしょう。
もちろん、5分でも1時間でもOK。自分の都合に合わせてできるのも家で行う朝ヨガの魅力です。

起きた直後に行う場合は急に動くと身体がびっくりしてしまうので、ヨガを始める前には以下のウォーミングアップを行いましょう。

  • ① 手の指と足の指をグーパーグーパーと動かすことで、心臓から遠い体の末端部分から目覚めさせる
  • ② 頭を左右にゆらゆらと動かし後頭部もほぐす
  • ③ 両手を頭の上で組んで大きく伸びをする
  • ④ 両膝を揃えて立て、左右にパタンパタンと倒して身体を軽くねじる

寝ているときは身体に力が入って硬くなっているので、このウォーミングアップでゆっくりと筋肉を起こしてあげてください。

時間がない場合はこれだけを行っても結構です。まずは朝ヨガのハードルを下げて、簡単にできることから始めましょう。

2-2.ヨガスタジオ

朝ヨガのレッスンを行うヨガスタジオは非常に多いです。
また、朝ヨガを受けにくるお客様も大変多く、レッスンが終わったらそのままスーツに着替えて仕事に向かう方も。
「朝ヨガやってる人って意外と多いんだ…!」と初めは驚くかもしれませんね。

 

⑴ 仕事の前にレッスンを受ける場合

仕事の前にレッスンを受ける場合は、家の近くのスタジオにするのか、 それとも職場近くのスタジオにするのか、仕事の始業時間なども考慮して決めましょう。

おすすめは職場近くのヨガスタジオです。自宅近くのスタジオだと、もし時間通りにレッスンが終わったとしても、交通機関の乱れで電車やバスなどが遅れている可能性も。
せっかく朝ヨガで体が目覚め頭がすっきりとしている状態にもかかわらず、仕事に遅刻をしてしまっては本末転倒です。

また、仕事の前にヨガを行うのであれば、ヨガマットやヨガウェアをレンタルできるスタジオが便利です。通勤時の荷物はなるべく減らしたいですよね。

 

⑵ 休日の朝にレッスンを受ける場合

ダラダラとしてしまいがちな休日の朝にヨガを行うのもおすすめです。

「ベッドでゴロゴロしてたらいつの間にかお昼に…」それが休日の醍醐味とは言えますが、夜になると「今日も一日何もできなかったな」と後悔したりしますよね。

ですが朝ヨガを行うとシャキッと目が覚めて頭や身体がすっきりするため、家に帰ってから勉強するのもおすすめですし、また休日前は飲み会が多く翌日むくみやすいという方はむくみ解消としてヨガを取り入れるのも効果的です。

休日であれば、レッスンの後に会社に行くわけではないので私服でスタジオに行くことができますし、女性は化粧をせずに行くこともできるため準備に時間をかける必要もないので気軽に朝ヨガを始められますよ。

2-3.公園

早起きして朝日を浴びながらゆったりと身体を動かし、朝の澄んだ空気の中で思いっきり深呼吸する。そんな素敵な朝を過ごしてみたい方は公園での朝ヨガもおすすめです。

イベントとして開催されることも多く、「初めてだし、スタジオに行くのはハードルが高い」「とりあえず1回試してみたいだけなんだけど」という方も参加しやすいのがメリットです。

元々一回きりの予定だった朝ヨガが好評で、その後定期的に開催されることとなったというイベントもありますので、気に入ったらそのまま習慣にしてしまうのもいいですね。

また、朝日を浴びることで脳内の「セロトニン」という物質が分泌されると言われています。セロトニンは「幸せ物質」などとも言われており、セロトニンが増えることでストレスや気分の落ち込みを防ぎやすくしてくれるのです。

自然の中で癒されてみたい、屋外でのびのびと身体を動かしたい、なんとなく楽しそう…どんな理由でもOK!まずは始めてみることが大切です。

ただ、冬はかなり寒いということと、雨天中止の場合もあることに注意してくださいね。

冬場は寒さのため公園での朝ヨガもあまり多くありませんが、春から秋にかけては頻繁に行われています。

「公園 朝ヨガ」「朝 パークヨガ」に地域名を加えて検索し、自宅や職場近くの公園の朝ヨガレッスンを探してみてくださいね!

まとめ

心も体もすっきりと目覚め、仕事の集中力も高まり、その日の気分まで良好にしてくれるなど、朝ヨガは本当にメリットだらけです。

もちろん、朝の習慣を変えたい、早起きできるようになりたい、夜に運動する時間がない、身体を引き締めたい、などといった様々な目的の方に朝ヨガはおすすめです。

ぜひあなたも、朝ヨガを毎日の習慣として取り入れ、さわやかな朝を迎えてみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

西森あゆみ

大学在学中ヨガに出会い、24歳で本格的にヨガインストラクターとしての活動を開始。「基本のポーズで正しく効果を感じられるレッスン」をモットーにヨガを伝えている。ヨガインストラクターのための情報ブログ「ヨガインストラクターナビ(http://yoga-sensei.net/)」運営中。