快適な朝を迎えたい人必見!朝にランニングするためのコツと3つの工夫

様々な朝活がありますが、中でも朝ランニングは興味ある人が多いと思います。

また朝活が目的でなくても「日々の生活に運動を取り入れたい!」と思ったとき、ランニングを最初に思い浮かべる方は多いでしょう。

 

しかし実際のところ、なかなか最初の一歩を踏み出せなかったり、始めてみたものの続けられなかった方もいるのではないでしょうか。

 

こちらでは朝ランニングへの心構えと、続けるための工夫をお伝えします。

 

朝ランニングの「めんどくさい」をなくそう

 

 

朝ランニングを始められなかったり、続けられない主な原因は、「めんどくさい」と思うことがたくさんあるからです。

 

忙しく働いていたりすると、早く起きるのがそもそも大変ですし、日によっては前夜から天気も気にしなければなりません。

身体を動かすことがあまり習慣にない人にとっては、体力をつかうとわかっていることも、走る前から「めんどくさい」と思ってしまうポイントです。

わざわざ苦しいことに取り組みたくないですからね。

 

朝は頭が働かない時間帯なので、気にしないといけない項目が多くなると、よりスタートしづらくなってしまいます。

 

そこで「朝活もしたいけど1分でも長く寝ていたい!」という方は、前夜にランニングの服装で寝てしまうことをおすすめします。

朝だけで服を二度着替える手間(ランニングと外出時)を一度に省けるので、それだけでも始めやすくなります。

 

朝ランニングを習慣にするためには、やる気が出なくなってしまうことを整理し、走るための準備に力を入れることが大切です。

 

朝のランニングは小さいボリュームで十分!

 

朝は外出前の準備もあります。そのため長距離を走りたいのであれば、夜に走る方が合っているかもしれません。

走るペースも速くしすぎると疲れてしまうので、激しい運動にしてしまうとその日の予定に影響を与えてしまうので、つらくない自分のペースで走りましょう。

 

そのため朝ランニングは、適度な運動を取り入れ生活習慣を整えたい方におすすめです。

起きてすぐに陽の光を浴びられるので、体内時計も整いその日を気持ちよくスタートできます。

 

「ランニングしよう!」と思うと、やる気が起きたばかりの頃はついつい長い距離を走ろうとするかもしれませんが、大切なのは朝ランニングを継続して習慣化することです。

 

朝活では10分から30分でも走れれば十分です。小さいボリュームでコツコツ続けていきましょう。

 

朝ランニングを続けるための工夫

 

 

朝の場合は自分一人で走る場合が多いと思います。

せっかく早起きするのですから、走るだけでなく工夫してもっと楽しみましょう。

 

期間中に走る目標距離を決める&日々記録する

 

ただなんとなくではなく、目標を決めれば動きやすいという方は、たとえば1ヶ月間で走る目標距離を決めてしまうのがおすすめです。

朝走るならば自宅近くのコースが多くなると思います。

一度走ってコースの距離を把握すれば、達成するにはあと何回走れば良いかも分かるので、スケジュール調整もしやすくなるでしょう。

 

走ったタイムを記録できるアプリを使えば、習慣化しながら自分の走る能力の向上も確認できます。

 

誰かに伝える

私の実体験もありますが、誰かに朝ランニングしていることを共有するのも工夫の一つです。

少し怠けがちになってきた頃に「最近は走っているの?」と聞かれるだけでも良い刺激になります。

分野に関わらず、有言実行する姿勢は人を感心させる力をもっていますので、周囲からの評価にもつながるでしょう。

 

音楽を聴きながら走る

道の安全確認も必要ですが、運動公園など車の通りが少ないコースを走る際には、音楽を聴きながら走るのもおすすめです。走るだけの10分でも好きな音楽を聴いていればあっという間です。

走ること自体に慣れていない時期は、音楽を聴く時間として走るのも楽しむ工夫になります。

 

朝ランニングを習慣化しよう

ランニングに興味ある人が多いのは、器具も使わず場所も選ばないので気軽に始められる運動だからです。しかし気軽に始められることは、気軽に止められることの裏返しでもあります。

今回は自宅近くのコースを走る場合を中心に取り上げてきましたが、もう少し強制力が欲しい場合には、一緒に走る仲間がいるランニングサークルを探してみたり、通える範囲のジムを探すのも良いでしょう。

 

始める準備だけでなく、続ける工夫までしっかりと準備して良い習慣にしましょう。

 

※参考リンク

・痩せTECH『ランニングはどの時間帯が効果的?朝vs夜のメリット比較』(2018/02/21アクセス)

https://yase.tech/2761.html

・女性の美学『朝ランニングの効果とは?どうせ走るなら夜より朝がいい理由』(2018/02/22アクセス)

http://josei-bigaku.jp/asarunning6713/

・RUNNAL『朝ランニングの3つの効果と知っておきたい3つの注意点』(2018/02/22アクセス)

https://runnal.com/1362