「白湯」とは?お湯との違いは?白湯の意味を正しく知って効果を最大に!

「白湯は健康やダイエットに効果的」だと聞いて、女性を中心に白湯に関心を持ち始める人が増えています。しかし、白湯についての知識が曖昧なままでは、せっかくの白湯の効果も薄くなってしまいます。ご自身が納得して続けることができるためにも、白湯について正しい知識を身につけましょう!

 

白湯って何? お湯との違いも解説!


そもそも、白湯(さゆ)とは一体なんなのでしょうか。中には「お湯と同じ」と考える人が多いかもしれません。まずは白湯の基本から押さえていきましょう。

 

「魔法の飲み物」といわれる白湯の正体

お湯とは水を沸騰させて熱したものを指しますが、そこからさらに水を沸かし続け、飲める程度にまで冷ましたものを白湯といいます。沸騰させ続けることで、水に含まれている不純物を取り除くことができるため、体にやさしく口当たりもまろやかになります。作り方は非常に簡単ですが、免疫力を上げ、体内の毒素を流し出すなど、さまざまな効果が期待できることから、白湯は「魔法の飲み物」といわれています。

 

なぜ白くないのに「白湯」と呼ぶ? 白湯の名称の由来とは

はじめて白湯という名前を聞いた時に、「白い湯」と書くことから、白い色をしていると考えた人はいるのではないでしょうか。しかし、先ほど述べたように、白湯を作る過程で水に何か特別なものを加えることはしないため、白湯の色は無色透明のままです。実はここでの「白」は色を指しているのでなく、罪のないことを潔白というように、「けがれのない・純粋な」という意味合いで使われています。白湯には余計な成分が含まれていないので、ぴったりの名前だと思いませんか?

 

白湯の歴史は約5,000年前! インドの伝統医学が始まり

白湯は日本古来より身体の調子を整えるために、庶民の間でも一般的に飲まれていたそうです。しかし、その歴史はもっと古く、約5,000年前の古代インドの伝統的な医術「アーユルヴェーダ」が起源とされています。「アーユルヴェーダ」では、自然界と生物の体は水・火・風の3つの要素から成り、それらをバランス良く保つことが健康につながると考えられてきました。白湯はそれらの要素を完璧に満たした、「世界最古の健康法」ともいわれています。

 

白湯はなぜ人気? 多くの人に愛される4つの理由


健康法の一つとしてはるか昔から親しまれてきた白湯は、時を超えて今もなお多くの人に飲まれ続けています。なぜ白湯はそこまで人気なのでしょうか。その理由を4つのポイントから紹介します。

 

忙しくて時間のない人でも実践できる!

健康や美容に気をつけたいと考えていても、仕事や家事に追われて多忙な生活を送っている方は多いと思いますが、白湯はそのような方にこそぜひ試してほしい健康法でもあります。お湯を沸かしたり冷ます時間を除いて、実際に白湯を作ってゆっくり飲むという動作にかかる時間は、計10分もあれば十分です。また、白湯を飲みながらニュースを確認するなど、別の動作も行うことができます。古代からの健康法でありながら、忙しい現代人に非常にマッチした健康法といえるでしょう。

 

お金の出費を抑えられて経済的

白湯に使う水は、家庭に流れる水道水でも全く問題ありません。白湯を飲む上で実際にかかる最低限の出費は、水道代とガス代(もしくは電気代)だけであり、非常に経済的です。何か器具を購入したり、サプリを買うような健康法と違い、必要なものはすでに家の中にそろっているため、余計な出費を抑えることができます。

 

他の健康法よりも手軽で継続しやすい

白湯の手順は非常にシンプルかつ簡単なため、最も実行しやすい健康法の一つといえるでしょう。また、水分を摂るというのは毎日誰もが行なっている日常行為です。白湯はそこにほんの少し手間を加えるだけなので、過去に三日坊主でなかなか物事が継続できなかった方でも、習慣化させることが期待できます。

 

健康維持やダイエットに効果的

白湯を飲んで体を温めることの効果は絶大です!内臓の機能や血液の循環をアップさせることで、免疫力や基礎代謝を向上させるだけでなく、脂肪が燃焼しやすい体をつくるといわれています。他にも、体内環境が活発したことで、体内の毒素や老廃物が排出されやすくなり、ニキビなどの肌トラブルの抑制や便通の改善などの嬉しい効果も期待できます。白湯の効果についてより詳しく知りたい方は、ぜひ下の記事をご覧ください。

 

続けることで効果を実感!オススメの三日坊主防止アプリ『みんチャレ』で白湯の習慣を身につけよう!

 

 

とてもシンプル! 白湯の作り方・飲み方


では、実際にどのように白湯を実践していけばよいのでしょうか。初めての方にも分かりやすいように、白湯の作り方や飲み方などを簡単にまとめましたので、一つ一つ説明していきます。

 

自宅の水道水でも大丈夫! 白湯の簡単な作り方

白湯に使う水は、先に述べた通り水道水で結構です。まずはヤカンに水道水を入れて沸騰させましょう。水が沸いたらヤカンの蓋を開け、さらに10〜15分沸かし続けます。その後コップに注ぎ、ご自身の体質や季節に合う温度まで冷ませば白湯の完成です!ミネラルウォーターやウォーターサーバーの水を使う場合は、消化の負担を和らげるために軟水を選びましょう。

 

白湯を飲む適切なタイミングとは

白湯は朝起きたタイミングや、食事前・食事中のタイミングに飲むのがオススメです。寝ている間に不足した水分を補給したり、胃腸の働きをよくして消化を促すなどの効果が期待できます。また、夜寝る前に飲むとリラックス効果も得られます。しかし、白湯に関わらず食後の水分摂取は体に負担がかかるため、食後すぐに飲むことは避けましょう。

 

飲み過ぎは禁物! 白湯を飲むときの注意点

先ほど述べた白湯のタイミング以外にも、白湯を飲む際に気をつけたい点はいくつかあります。一度沸かして冷ました白湯をもう一度沸かし直すことは、成分のバランスが崩れて逆効果になってしまうため避けましょう。また、人間の1日の水分摂取量の目安は決まっているため、白湯の飲みすぎは厳禁です。他にも、水以外にお茶やコーヒーを使いたいと考える方がいるかもしれませんが、それらに含まれるカテキンなどの成分を消化するのに内臓に負担がかかるため、あまりオススメはできません。

 

自分好みにカスタマイズ! 白湯のアレンジ方法

体に良い白湯とはいえ、毎日同じ味ばかりでは飽きてしまうことがあるかもしれません。そんな時は、レモンを輪切りにして浮かべる「レモン白湯」や、はちみつを小さじ一杯いれる「はちみつ白湯」など、いつもの白湯に一工夫してアレンジを加えてみましょう。それ以外にもさまざまな方法がありますので、自分の好みの味を探してみてはいかがでしょうか。

 

白湯を飲んで毎日を健康的に!

白湯の効果を実感するまでの期間

白湯は3日から5日程度で体調の変化を感じることができるため、他の健康法と比べて早く効果を実感することができます。その後は体の解毒作用が働き、一時的に体調不良を感じることがあるかもしれませんが、それを乗り越えるとより健康体質になり免疫力も大きく向上します。白湯の効果を得るためには、やはり毎日の継続が重要といえるでしょう。

続けることで効果を実感!オススメの三日坊主防止アプリ『みんチャレ』でダイエットや勉強の習慣を身につけよう!

30万人の習慣化アプリ『みんチャレ』ダウンロードはこちら

 

併せて読みたい白湯の記事

 

大切なのは習慣化! 白湯で毎日を健康に美しく

最後に、物事の習慣化を目指す三日防止アプリ『みんチャレ』を使って、白湯の習慣化をされている方のコメントをいくつかご紹介いたします。

Mさん
おはようございます🌻今朝はなんだか目覚めが良かったです✨
Rさん
朝にお白湯を飲んでいたら、便秘がなくなりいい調子です(^^)
Eさん
レモン汁は夜のお白湯にいいそうなので、夜白湯はレモン汁入りにして昼間は普通の白湯にしてみます! 本日の一杯です

いかがでしょうか。効果に個人差はありますが、白湯を飲んで調子が良いと感じる方は多いようです。お金がかからず、手軽に始めることができるため、毎日の生活で忙しい方や三日坊主で悩んでいる方にもオススメの健康法です。毎日をより健康で美しく生きるために、あなたも白湯の習慣化を始めてみませんか。