ランニング用の靴下で走ってる?普通の靴下との違いとその効果とは

ランニングを行なっている方であれば、走りやすいようにシューズにこだわりを持っていることも多いと思います。しかし、自分に合ったシューズを選ぶことも大切ですが、パフォーマンス向上やトラブル防止に靴下も重要なアイテムであることをご存知でしょうか。今回は、私たちの走りを改善するランニング用靴下の効果とその選び方、そしてオススメの靴下をご紹介します!

 


普通の靴下とランニング用靴下の違い

普段はいている靴下でランニングをしたら靴擦れやマメができたなど、足元のトラブルが起きたことはありませんか?ダイエットや体づくりなどを目的にランニングをしても、ケガをして十分に走ることができないのは非常にもったいないですよね。ですが、ランニング用の靴下を使用すればそれらのケガを未然に防ぐことができます。

ランニング用の靴下は自分の足にぴったりフィットするつくりになっているため、靴擦れや摩擦が起きにくく、マメの予防にも効果的です。また、吸汗速乾性や通気性に優れているものが多く、地面を蹴る足裏をサポートして疲労を軽減するなど、快適な走りを実現するためのさまざまな機能を有しています。

ランニング時に足を痛めてしまった経験がある方はもちろん、足元のトラブルを予防したい方や、パフォーマンスを向上させたい方はぜひ靴下にもこだわってみましょう。

 

ランニング用靴下の5つの効果

走りに特化したランニング用靴下には、具体的にどのような効果があるのでしょうか。主に5つの効果に分けてそれぞれご紹介します。

 

アーチサポート

アーチサポートとは、足裏の土踏まずを支える機能です。土踏まずは着地の衝撃を吸収し、蹴り出す際の動作を支えるなど、走る上で重要な役割を果たします。アーチサポートはそのような足本来のクッション機能をサポートし、疲労を軽減してくれます。

 

アンクルサポート

アンクルサポートとは、足首周りのぐらつきを抑える機能です。着地時の衝撃や摩擦を軽減させ、蹴り出す力を足にしっかり伝える効果があります。ランニング後半になると、疲労により足首周りのブレが大きくなりますが、そのような場合でも十分に力を発揮することができます。

 

着圧機能

着圧機能とは、足に適度な圧力をかけて血行を促進させ、疲労を軽減する機能です。丈の長いロングソックスを着用すれば、より広範囲に圧力をかけることができるので、筋肉のブレを抑えることも可能です。そのため、長距離を走りたい方は着圧機能に優れた靴下を選ぶのがオススメです。

 

吸汗速乾性・通気性

ランニング用の靴下は吸汗速乾性に優れているため、汗をかいてもすぐに乾くので快適に走ることができます。また、通気性も良いためムレを防止し、皮膚のふやけによる靴擦れやマメなどのトラブルを抑えます。

 

滑り止め

靴下の底に樹脂素材などで滑り止め加工が施されたものもあります。靴の内部で足がすべると、蹴り出す力が逃げてしまったり、バランスを取るために余計な力を必要として疲労がたまります。滑り止め加工があれば、靴と靴下のフィット感を高めることで、無駄な動きや走りのブレを減らし、より快適に走ることができます。

 

ランニング用靴下の選び方のポイント3つ

さまざまな効果や機能を持つランニング用靴下ですが、ランニング初心者であればどれを選べば良いのか迷ってしまう方も多いと思います。そこで、多くのバリエーションの中から、自分に合う靴下を選ぶためのポイントを3つにしぼってご紹介します。

 

つま先のタイプ(レギュラー・五本指・足袋)

【レギュラー】
つま先が丸い形状をしており、普段はいている靴下と同じ形をしています。ランニング初心者でも違和感なく使用できることから人気のタイプです。
【5本指】
つま先が5本に分かれており、指の一本一本を自由に動かせるので、地面をしっかり捉えられることが特徴です。また、指先のムレや摩擦を抑える効果もあります。履き慣れていないと違和感がありますが、特に気にならない場合は機能的メリットの大きい5本指がオススメです。
【足袋】
つま先が親指と人差し指〜小指の2つに分かれています。5本指と同様にふんばりを効かすことができ、脱ぎ履きも容易なことが特徴です。また、外反母趾や偏平足の予防に効果的ともいわれています。

 

丈の長さ(ショート・レギュラー・ロング)

【ショート】
くるぶし辺りまでの丈の長さで、足元がスッキリする軽い装着感が特徴です。動きやすさを重視する方や夏場のランニングにオススメです。
【レギュラー(ミドル)】
ふくらはぎの下辺りまでの丈の長さで、つま先〜足首までしっかりサポートしてくれます。オールシーズンにどのような場面でも対応できるのが特徴です。
【ロング】
ひざ下辺りまでの丈の長さで、ふくらはぎを適度に締めつける着圧機能により、疲労軽減や筋肉のブレを抑える効果が期待できます。また、防寒対策としても非常に有効です。

 

生地の厚み(厚手・薄手)

【薄手】
薄手の生地は通気性に優れているため、足の感覚をより敏感に感じ取ることができます。レースやスピードを意識したランニングを目的とした方にオススメです。
【厚手】
厚手の生地はランニング時の衝撃を和らげるため、足が疲れにくいのが特徴です。ダイエットや健康づくりを目的とすkる場合は、厚手のものを選ぶと良いでしょう。

 

ランニング初心者にオススメの靴下を紹介

それでは実際にランニング初心者にオススメの靴下をご紹介します。これらを参考に、自身にぴったりの靴下を探してみてください。

 

クッションクォーターソックス SX4703(NIKE)

アーチサポートの機能がついており、ナイキ独自のモイスチャーマネジメントによって足をドライな状態に保つことが可能です。耐久性にも自信がありますが、3足セットで1,000円程度と価格は非常にリーズナブル。シンプルなデザインなので、ランニングだけでなく普段でも使用できます。つま先はレギュラーで、丈の長さはレギュラー。

レーシングラン五本指ソックス(Tabio)

靴下専門メーカーTabio(タビオ)の定番モデルであり、数多くのランナーから圧倒的な支持を受ける人気アイテムです。アーチサポート機能に優れており、長時間走っても疲れにくい仕様になっています。他にも通気性の高いメッシュ機能や滑り止め機能など、ランナーに嬉しい機能が豊富に備わっています。つま先は五本指で、丈の長さはレギュラー。

 

レーシングソックス 51UF140(MIZUNO)

シンプルなデザインが好評のランニングソックス。通気性に優れており、足の装着感も非常に軽いのが魅力。滑り止め機能に優れており、生地が薄いので足の感覚を敏感に感じ取ることができます。夏場のランニングや、足元を軽くして走りたい方にオススメのアイテムです。つま先はレギュラーで、丈の長さはショート。

 

おわりに

ランニングをするにあたって足のケアは欠かせません。そのためにシューズにこだわりを持つことは重要ですが、自分にぴったりのランニング用靴下を選ぶことも非常に大切です。アーチサポートや吸汗速乾性など、ランニングに特化した機能を持つ靴下を使用することで、ケガの防止やパフォーマンス向上を期待できます。そうすることで、普段のランニングがより一層楽しく、効果的なものになることでしょう。

しかし、せっかく装備をそろえたとしても、ランニングを習慣化できなければ靴下もタンスの肥やしになりかねません。そんな時は習慣化アプリの「みんチャレ」がオススメです。共通の目標を持った5人でチームを組み、互いに刺激し合うことでランニングの継続率がグンっと上昇します。「みんチャレ」は無料アプリなので、ぜひ気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

 

続けることで効果を実感!オススメの三日坊主防止アプリ『みんチャレ』でダイエットや勉強の習慣を身につけよう!

3ヶ月で平均3kg減のダイエット効果!習慣化アプリ『みんチャレ』ダウンロードはこちら

 

併せて読みたいランニングの記事

 Cat-ch!(キャッチ)
Cat-ch!(キャッチ)
幸せをつかむ習慣化メディア

 

  • 【参考文献&サイト】
  • ・「メンズ用ランニング靴下の人気おすすめランキング10選【2018最新】」Besme
  •  https://besme.jp/articles/172
  • ・「ランニングソックスの効果と人気おすすめ18選【メンズ・レディース】」RUNNAL
  •  https://runnal.com/3751
  • ・「ランニングソックスのおすすめ人気ランキング10選【アシックス・ナイキ・タビオも!】」mybest
  •  https://my-best.com/6386
  • ・「走りを変える!ランニングソックスの選び方」B&D Running Connect
  •  https://run.bnd.co.jp/category/run_soxselect