日中のランニングにサングラスは必須!その3つのメリットとは

箱根駅伝やフルマラソンの映像を見ると、サングラスをかけて走るランナーが多いと思ったことはありませんか?サングラスをかけて颯爽と走る姿はとてもカッコいいですよね。ランニング用のサングラスは眩しさを抑えるだけでなく、紫外線カットや疲労軽減などの効果があるため、多くのランナーに愛用されています。今回は、ランニング中にサングラスをかけるメリットと選び方のポイント、そしてオススメのアイテムなどをご紹介します!

 

ランニング用サングラスをかける3つのメリット

ランニング用のサングラスには、日差しや反射光などの眩しさを防げるのはもちろん、走りを快適にするためのさまざまなメリットや効果があります。大きく分けて3つあるので、それぞれ順に見ていきましょう。

 

1 紫外線をカットして疲労軽減

紫外線が目に入ることにより、脳で疲労物質がつくられるほか、白内障などを引き起こすリスクがあると最近の研究で分かっています。ランニング用のサングラスには、紫外線をカットする機能がついているため、装備するだけで疲労を軽減することができます。

 

2 目に不純物が入るのを防ぐ

サングラスをかけることで、風で舞い上がるゴミやホコリなどをブロックし、目を保護できます。未然にアクシデントを防げるので、いつでも安全に走ることができます。

 

3 集中力をキープできる

サングラスをかけることで目に入る光を制限し、良好な視界を保つことで走りに集中することができます。また、目を隠すことで匿名性を高められるため、周りの目線を気にする必要もありません。

他にも、普段メガネをかけて生活している方であれば、度付きのサングラスをかけることで視力を矯正できるなど、さまざまなメリットがあります。

 

ランニング用サングラスの選び方のポイント5つ

ランニング中にサングラスをかけるメリットについて解説しましたが、では実際にサングラスを選ぶ際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。数多くのサングラスの中から、自分にぴったりのアイテムを探すためのポイントをご紹介します。

 

1 紫外線カット機能

「紫外線カット率」は100%に近いほど、「紫外線透過率」は0%に近いほどより紫外線をブロックしてくれます。紫外線の量が減るほど、疲労軽減の効果が期待できるのでしっかりチェックしましょう。

 

2 レンズの調整機能

レンズには天気や紫外線の量によって、レンズの色が変わるもの(調光レンズ)、変わらないもの(偏光レンズ)の2種類があります。調光レンズは1枚、偏光レンズは複数のレンズを取り扱うので、機能面やコスト面を考えて、どちらが自分に合うかを考えましょう。

【調光レンズ】
メリット:状況に応じてレンズが自動で色を調整するので便利
デメリット:自分の思うような色が出ない場合がある、偏光レンズより高価

【偏光レンズ】
メリット:状況に応じて自分の思い通りのレンズの色をセットできる、調光レンズより安価
デメリット:状況が変化した場合はその都度レンズを交換する必要がある

 

3 レンズカラー(光の透過率)

基本的にレンズの色が濃いものは避けましょう。レンズが濃くて視界が暗くなると、瞳孔が開いてより紫外線を吸収しやすくなってしまいます。また、曇りの日に走る場合は、視界の見通しも悪くなるので危険です。光の透過率が15%前後であれば濃いレンズなので、まずは30%前後を目安にオールマイティに使えるレンズを選ぶと良いでしょう。

 

4 軽量性

サングラスはできるだけ軽く、鼻や耳に負担がかからないものを選びましょう。少しの重さの違いが、長時間のランニングでは重くのしかかってきます。

 

5 フィット感

サングラスのフレームやサイズが、自分の顔と合っていないとランニング中にズレてしまい、走りに集中することはできません。試着を行い、サングラスのフィット感をしっかり確かめておきましょう。

 

オススメのランニング用サングラスを紹介

それでは、実際にランニング初心者にオススメのサングラスをご紹介します。調光レンズのサングラスは高価なものが多いため、今回はコストパフォーマンスに優れた偏光レンズのものを選んでいます。これらを参考に、ぜひ自身にぴったりのサングラスを探してみてください。

 

スポーツサングラス フルセット(FELLY)

眩しさや乱反射を効率よくカットする「偏光スモークレンズ」が採用されているため、常に良好な視界を保つことができます。交換用のレンズは計5枚付属しており、状況に応じてベストのレンズをセットすることができます。

 

スポーツサングラス RBK0805(RIVBOS)


カラーバリエーションの豊富さと洗練されたデザインで人気のモデル。顔にしっかりフィットし、耐衝撃性も強いことから、ランニングだけでなくスポーツやサイクリングなど、幅広いシーンで活用することができます。交換用のレンズは計5枚。

 

スポーツサングラス(Ewin)

日本人の顔の形を基準に設計されているため、かけ心地が良く、サイズ感もしっかりフィットします。フレームの素材は、超軽量のソフト樹脂TR90を使用しているため、長時間のランニングでも重さが気になりません。交換用のレンズは計3枚。

 

おわりに

ランニング中にサングラスをかけることで、光を抑えられるだけでなく、疲労軽減や集中力をキープさせることができます。サングラスを購入する際には、まずはコストパフォーマンスの良いものを選んでから、より自分に合うものへと徐々にグレードをアップしていくと良いでしょう。

ランニングの装備をそろえても、肝心のランニングを継続できるか不安という方には、習慣化アプリ「みんチャレ」をぜひ利用してみてください。自分一人でランニングに臨むのではなく、同じ目標を持つ5人がチームとなって日々励まし合うため、習慣化できる確率が飛躍的にアップします。利用は無料(一部有料プランあり)なので、ぜひ気軽に利用してみてはいかがでしょうか。

 

続けることで効果を実感!オススメの三日坊主防止アプリ『みんチャレ』でダイエットや勉強の習慣を身につけよう!

30万人の習慣化アプリ『みんチャレ』ダウンロードはこちら

 

併せて読みたいランニングの記事