ヨガ=ピラティスではないの?目的や方法の違いを解説!

ヨガとピラティスの違いについて、あなたは答えることができますか?なんとなく、同じものだと思っていたという方もいますよね。実は似たイメージを抱かれがちなヨガとピラティスですが、その目的も方法も大きく異なります。これからどちらかを始めようと思っている方は、その違いをしっかりと把握した上で自分に合ったものを選びましょう!

 

ヨガとピラティスは似ているけど方法も意味も違うって本当?

ヨガとピラティス、の違いを説明することはできますか?動きや雰囲気も似ているため、あまりよく知らないと、なんだか同じようなものなのでは?と思ってしまいますよね。しかし、実はヨガとピラティスは似ているようでその本質は全く異なります。

 

ヨガとピラティスは目指すものが異なる!

そもそも、まずヨガとピラティスでは目指すものが異なりますし、発祥も全く異なります。たとえば、ヨガでは瞑想を重要視していますが、ピラティスでは瞑想をすることはありません。ヨガが精神に重きを置くのに比べ、ピラティスは肉体に重点を置いているのが大きな違いといえるでしょう。ヨガはスピリチュアルな面を重視し、ピラティスは体の筋肉を重視しているのです。

実は重点を置いているポイントも目指すものも全く異なるのですね。そのため、もしこれからヨガかピラティスのどちらかを始めようと考えている場合、目的や自分が重視したいものに合わせ、できれば実際に両方を体験した上で合っているものを選択すると良いでしょう。肉体の鍛錬を通して心のリフレッシュを目指す場合にはピラティス、心の充実や精神の安らぎを目的にしたい場合にはヨガがおすすめです。

 

ポーズは似ていても呼吸法も体の動かし方も違う

目的や重視していることが異なるということは、当然その方法は大きく異なります。実際に体験してみないとなかなかイメージをつかみづらいでしょう。もしどちらを始めるのか迷っていて、「より自分が楽しめる方」「より習慣化して心身ともにリフレッシュできる方」といった選び方をしたい場合には一度レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

前述の通り、ヨガには瞑想をする時間があります。自分を見つめ直し、忙しい毎日の中で心を落ち着ける時間を毎日のヨガの中で得ることができます。ピラティスも、一見心と体の成長と鍛錬を目標としている部分が似ているようではありますが、瞑想よりも筋肉を鍛えることにより自分を見つめ直そうとするところが大きく異なりますね。

実際に体の動かす方法としては、イメージ通り少し似たようなポーズもあります。ヨガは呼吸に重点を置きながら体を動かしつつ、筋肉や血液の流れを整えていきます。一方、ピラティスでは、体の中のインナーマッスルを鍛えることで、体幹を鍛えていきますので、パッと見は同じようでも実は動かし方が全く異なるのです。ヨガがゆったりと呼吸を整えながら身体を動かすのに対し、ピラティスの方が動きを組み合わせたトレーニングが多くなります。

もちろん、その呼吸法は大きく異なります。ヨガは腹式呼吸で「副交感神経」を有利にしリラックスすることを重視しているのに対し、ピラティスは胸式呼吸で、「交感神経」を有利に活性化して頭をすっきりとさせます。

 

2.自分にはどちらが向いているか判断するにはどうする?

それでは、自分にはどちらが向いているかはどのように判断すれば良いのでしょうか?全く異なるもののため、単純に比較することはできませんが、リラックスする目的で始めたいのか、あるいは運動的な意味で筋肉を鍛えたいのかでまず判断することはポイントになります。

さらに、レッスンやスタジオに通う場合には自分の通える範囲の、ヨガ教室やピラティススタジオを選んでまずはチャレンジしてみるのもひとつの手です。

 

コンディションを整え、リラックス効果を重視するならヨガ!

ヨガは呼吸とストレッチに重点をおきながら、筋肉を強化していくものです。ヨガのポーズでは日常生活のなかで使われることのない筋肉を刺激します。一見簡単そうに見えて、実はゆっくりとそのポーズを取り続けることが難しいものも多くあります。

じっくりと筋肉を鍛えていくことで、しなやかな身体作りが実現するのが嬉しいポイントですね。しなやかな身体は代謝アップ・痩せやすい身体作りにつながり、ヨガの呼吸や瞑想法によりストレスや緊張から心を解き放つことができます。

 

体力づくりや筋力アップを目指すならピラティス!

ピラティスは、正しい骨格を意識しながら、体幹の筋肉を整えるものです。インナーマッスルを鍛えることで体幹を鍛え、正しく美しい姿勢になります。また、身体パフォーマンスが向上するのも嬉しいポイント。ヨガよりも筋肉をつけることに重点がおかれていて、女性が悩みやすい肩こりや腰痛などの解消も期待することができます。さらに、筋肉量が増えると基礎代謝が上がり、ダイエット効果も得られる可能性が高まります。

 

ヨガとピラティスで使用するアイテムは異なる?

どちらを選択した場合でも、ウェアやマットなどの使用するアイテムに大きな差はありません。いずれもウェアについてそこまで厳しく定められていないので、自分に合っていて動きやすいものであれば、好きなものでOKです。毎日楽しく習慣化につながるものを選びたいですね。

マットについても特に決まりはありませんが、ヨガで使用するマットは薄めのものが良いでしょう。ヨガでは片足で立つなどバランスを取る動きが多いため、摩擦力が強く滑りづらいものがおすすめです。ピラティスで使用するマットは少し厚めのタイプが一般的です。ピラティスの動きの中にはマットの上を転がる動作もあるため、クッション性の高いものを選ぶことで背骨などを傷めることがなく安心です。

 

おわりに.

ヨガとピラティスの違いについて理解することはできましたか?あなたにピッタリなのはどちらでしたか?ヨガとピラティスは実は大きく異なることが分かりましたが、どちらも毎日習慣化することでその効果を最大限発揮できるのは同じです。

とはいえ、どうしても毎日続けるのは苦手だと思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。そんなときは全国のユーザーとチームを組んで励ましあう三日坊主防止アプリ「みんチャレ」がおすすめです。「毎朝15分ヨガをする!」なんて宣言し「今日はできました!」と互いに報告し合うと、楽しみながら習慣化することができますよ!

続けることで効果を実感!オススメの三日坊主防止アプリ『みんチャレ』でダイエットや勉強の習慣を身につけよう!

 

併せて読みたい ヨガの記事