オーバーリアクションで幸せに!幸福度を高める行動とは?

オーバーリアクション イエロー

楽しい時間?幸せ?そんなもの作り出す時間なんて無い!な現代人のあなたへ

Cat-ch! をご覧の皆さん、はじめまして☆
ドミンゴプリンセス めいです!生まれも育ちも東京都、父親は日本人で母親がスペイン人です。オーバリアクションと笑顔で幼い頃のグローバル社会を乗り切ってきました。

変わった環境で偏見も先入観もあまり持たずに育った私は、早くに自立をして現在はライターをしたり、ワークショップを開いたり、たくさんのイベントを自分の会社だけでなく、色々な場所で提案させて頂いています。

そんな私の頭の中は楽しいことでいっぱい!しかし皆さんも知っている通り、人生は楽しいことだけではありません。

仕事をしないと生きて行けないし、仕事をしていればプライベートにまで手が回らないし…そんな中で楽しい時間とか、幸せなことなんて作れないよ……美味しいお肉が食べたいよ。

という様に、私たちにはなんせ余裕がない。そんな時間に追われる毎日を送る中、思うわけです。

私ってなんでこんなに働いているのだろう?プライベートの時間もない、体力も残っていない。私はなんで生きているんだろう?

…最後の一文にも頷いてしまった方にはメンタルクリニックに行くことをオススメしたいのですが、本当にこんな気分になる時があると思うんです。

だって、そのくらい今の人って忙しいんだもーん!!!だからと言って仕事を辞めるなんて現実的でないし、転職をするのだってハードルが高い。

 

幸せの自給自足

そこで私は考えたのです。
今の環境でどうにかしなきゃ無理じゃない?
誰も楽しいとか幸せとか運んで来てくれなくない?
美味しいお肉食べたくない?

…そりゃあ、「楽しい」も「幸せ」も持って来てくれる恋人ができれば手っ取り早いのですが、世の中そんなにうまくいきません。それならネットで定期的に注文するよ、近所のすき焼き屋に行きますよ、はいはいはい!となりますよね。でもそんな小金持ちじゃありませんからすき焼きパーティーを月に何回もとはいきません。

ーーー仕方ない、自給自足だ。

そう思い立ったが吉日、牧場の土地を買って、牛を飼って…というわけではなく、私は思い出しました。

過去の恋人が「理想を押し付けられるのはもう散々。あなたの理想の人なんて現れない。自分で全て自給自足して」と、脳神経科学の本を5冊も置いて家から出て行ったことを…。

 

脳神経科学から学ぶ、人間の幸せって?

脳神経科学の著書にはこうあります。

  • 夢が実現した瞬間、嬉しい事や楽しいことを想像している時はβ-エンドルフィン※1が分泌されているのです。楽しいという感覚が最もエンドルフィンを発生させることが分かっています。
  • 人は笑うとβ-エンドルフィンによる鎮静や多幸感を覚える効果と免疫力アップの効果があります。「笑い」の中にも脳波の α波※2が観察されるので、勿論リラックス効果も存在するのです。

だから要するに、楽しくて笑える状況を自分で行動して作るしかないってわけなんですよ。そこで!低コストに抑えたい現代人の味方、ドミンゴプリンセスめいは考えました!

 

オーバーに乗りこなせ!人生の波!

日々の生活をなるだけ楽しく低コストで送りたい私が大切にしていること。
それはオーバーリアクション。
とにかくオーバーに反応すると大抵のことは楽しく乗り切れます。

そして忘れてはいけないのが独り言。周りに誰かがいる時は明らかに怪しいので遠慮して欲しいのですが、一人の時は浮かんだことを言語化して口に出しましょう。ちなみに、独り言に慣れていない時期の方が効果はてきめんだと感じました。

朝が寒い今の時期。お布団から出るのも一苦労。その気持ちもオーバーに言語化したらいかがでしょう。

「ツァッムーーイ(寒い)!!布団から出ないでこのまま眠ったら懐までツァッムーーイ!!!」

朝一番なので大きな声でいきましょう。言った後にしっかり照れることも大切です。そしてなんとか家を出るところまで来て、気が付いてしまうのです。今日はなんと雨ではないかと。これもまた言葉にしましょう。

「ちくしょう、天気までもがオラの足を引っ張って来やがる…そんなに会社に行かせたくないのかよ…。いや。オラのために泣いてくれているのか?ちぇっ…分かったよ、会社に行くからよ。オラはオメェの笑った顔が好きダァ!」

どんな天気であろうと愛おしく思う広い心。そんな自分にしっかり自惚れましょう。

そうやって1日が始まり、会社に到着して仕事をこなせばあっという間にお昼休憩です。私はお昼休憩にパン屋さんに行くのが好きなのですが、そこでも心の中のマシンガントークは止まりません。

「しゅごい…しゅごい美味しい匂い…焼きたてパンもさることながら、いつもの硬いパン(名前はいつも覚えられない)を食べて口の中がズタズタになるのが私の運命(さだめ)。クッ…パンを真剣に選ぶ私、しゅごぉい可愛いじゃねぇか」。

すごいをしゅごいに変えるとパワーも二倍になります。そうして選んだ硬いパンを職場に持ち帰ればもう完璧です。

どうにか切り上げられたお仕事の帰り道。もう外は真っ暗。体はぐったり、歩くのもやっとです。ここでも独り言は忘れてはいけません。

「いつになったら家着くの!?(痛くなったらすぐセ×スの要領で)」

一人で歌ったり、ブツブツ言っていればいつの間にか家についていたりします。防犯にもなります。ちなみに最近の私のマイブームは聞いた愚痴を週刊誌風に取り上げてほくそ笑むこと。

こうして私の一日は幕を閉じるのです。しかし始めは何を言っていいかわからないもの。私も独り言の師匠(某病棟勤務看護師)がいて弟子入りしたものです。

そこで言われたのは「とにかく頭に浮かんだことは口に出すように、私はおでんだったら玉子がいい」、「それに独り言って認知症にも良いんだよ!言語化することはとても大事なこと。今日はおでんうどんにしよ〜♪」ということ。

皆さんもオーバーに独り言ライフで幸せの自給自足を始めてみては☆

※1 β-エンドルフィン…エンドルフィン(endorphin)は、モルヒネ同様の作用を示す。特に、脳内の「報酬系(ヒト・動物の脳において、欲求が満たされたとき、あるいは満たされることが分かったときに活性化し、その個体に快の感覚を与える)」に多く分布する。多幸感をもたらすと考えられ、脳内麻薬と呼ばれることもある。

※2 α波…人間の脳波のひとつで、脳がリラックスしている際に見られる。この状態の時には脳が活性化され、記憶力・集中力・創造力・自然治癒力などの自分の持っている能力を十分に発揮できる。

※1、※2、どちらも 中野信子著「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体

続けることで効果を実感!オススメの三日坊主防止アプリ『みんチャレ』でダイエットや勉強の習慣を身につけよう!

30万人の習慣化アプリ『みんチャレ』ダウンロードはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

ドミンゴプリンセスめい

フリーライター 東京出身、東京在住。実はクォーター。幼い頃母親の親友たちが皆ゲイだったり外国籍だったこともあり、偏見や先入観を持たずにのびのびと育つ。意外と波乱万丈な人生を歩んで来ている模様。 Twitter: http://twitter.com/L_cruize